武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase火器燃焼

火枪 火槍 huŏqiāng

huoqiang

火槍は単純な構造をしており、木や竹等の柄の先端に火薬が入った筒が取り付けてある。 火の槍というからには、如何にも槍が関係して いそうだが、実際、柄に槍が用いられる事もあった。

主に焼き払う事を目的としており、木で作られた兵器等を襲撃する際に用いられた。 また火薬の燃焼だけで攻撃したのではなく、 他の物質を混ぜ込む事によって、目潰しや毒ガスといった攻撃方法もあった。

火薬を発明したのは中国と考えられており、この火槍は 火薬を用いたものとしては、かなり初期のものである。 火器の分類としては火炎放射の類のもので、 その先人にはギリシア火、その他にも、 石油を用いた武器等がある。 しかし、火槍は火薬を用いたという事で、そうした意味では その分野における先駆けと言っていいかもしれない。

火槍:諸元
項目 内容
名称 火槍
  • 中:火枪huŏqiāng、ヒュオチアン)
  • 漢:火槍(かそう)
分類 火器/燃焼
全長 1.8〜2.3m
重量 2〜3.2kg
射程距離 3〜10m
時代 10〜20世紀
地域 中国
文化圏 五代、北宋、南宋、元、明、清

更新日:2005/02/11

図版ファイル

関連情報

火器燃焼

サイト情報