武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase火器燃焼

万人敌 万人敵 wànréndí

wanrendi

万人敵とは大きな球型の火毬であり、木の枠に覆われている。 球は泥で作った容器であり、中には焼夷剤が入っている。 火薬には毒薬を混ぜる事もあった。 木の枠は容器を保護する為であり、運搬時等に破損してしまうのを防ぐ。 容器は、火薬の爆発によって炸裂し易いように頑丈なものではない。 泥を固めてよく乾燥させただけのものである。

万人敵は、主に守城戦に用いられた。 導火線に着火し、後は城壁の上から敵兵密度が高い所を狙って落とすだけである。 落下の衝撃で木の枠は破損し、球状の容器は 周辺を転がりながら、兵を焼き尽くす。 火薬に毒が仕込んである場合は、更に毒煙をまき散らす。 万人敵には飛散性があり、全方向に対し、攻撃可能である。 因みに、万人敵を落とした城壁の上の兵達は安全である。

万人敵:諸元
項目 内容
名称 万人敵
  • 中:万人敌wànréndí、ワンレンディー)
  • 漢:万人敵(ばんにんてき、ばんじんてき)
分類 火器/燃焼
全長 60cm
重量 40kg
時代 17世紀
地域 中国
文化圏

更新日:2008/08/09

図版ファイル

火器燃焼

サイト情報