武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase火器銃砲

ハーケンビュクゼ Hakenbüchse

hakenbuchse

ハーケンビュクゼとは、鉄の筒にに柄を取り付けたもので、 更に反動を受ける為にが取り付けてある。 ハーケンビュクゼの発射方式はタッチホール式と 呼ばれており、人間が火口に直接引火させて発射する機構を採用している。

Hakenbüchseとは、独語で 鉤爪付銃を意味する。 Hakenで、 Büchseライフル銃である。 この鉤爪が最大の特徴であり、発射する際には何処かに引っ掛けて固定する。 通常二人組みで使用し、一人は持ち手、もう一人は点火手である。 鉤によって照準を定め反動を和らげる事が可能であった。 また、馬上でも使われた。

15世紀中期には銃床が付けられ アークゥィバスとなり、 サーペンタイン・ロック・ガンを経て、 末期には引金の機構を搭載したマッチ・ロック・ガンとなった。 地域によっては、鉤付銃を意味する同じ名称が使われ続けたが、 その頃には鉤も取り外されていた。 その理由として、戦場において引っ掛ける適度な物が少ない事、 叉杖と呼ばれる 銃を架ける杖が使われるようになった事が挙げられる。

ハーケンビュクゼ:諸元
項目 内容
名称 ハーケンビュクゼ
  • 独:Hakenbüchse(ハーケンビュックゼ)
  • 丁:lodbøsse(ロズベーセ)
  • 独:Lotbüchse(ロートビュックゼ)
  • 英:hook gun(フック・ガン)
  • 手砲、鉤付銃、鉤爪付銃
分類 火器/銃砲
全長 0.8〜1.5m
重量 2.5kg〜6kg
射程距離 10〜80m
時代 14〜15世紀
地域 欧州
文化圏 欧州

更新日:2004/08/08

図版ファイル

関連情報

火器 > 銃砲

サイト情報