武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase打撃

バトル・アックス battle axe

battleaxe

バトル・アックスは、非常に広義的な意味合いを持ち、 様々な形状の戦斧の総称である。 基本構造は変わらず、斧頭と柄の組み合わせからなる。 この構造は、 鎚矛 と同様のものであるが、メイスは殴打によって敵を攻撃するのに対して、 バトル・アックスは打ち切るといった攻撃方法である事が特徴である。

起源は原始時代にまでさかのぼり、握斧(ハンド・アックス“hand axe”)と言える。 石の破片で叩くだけであった武器はやがて、小振りのものや、 木工用や土堀り、農作業などの役割を果たすものへと発展した。 しかし工具だけにとどまっていたこの武器は、打ち切る対象を人間へと変えたのだった。 長い歴史の中で、時には武器としての主役の地位を奪われる事もあった。 しかし銃器全盛時代以降も、東欧世界では武器としての地位を保ってた。

バトル・アックス:諸元
項目 内容
名称 バトル・アックス
battle axe(バトル・アックス)
分類 打撃/斧
全長 60〜150cm
重量 500〜3000g
時代 紀元前17〜紀元後19世紀
地域 全世界
文化圏 全世界

更新日:2004/10/30

図版ファイル

関連情報

打撃 > 斧

サイト情報