武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase打撃

ビペンニス bipennis

bipennis

ビペンニスは両刃の斧であり、重さによって衝撃力を高める為に 柄に木の束が取り付けられている。 また、このビペンニスという言葉は、 新石器時代から古代全般にかけて用いられた両刃斧の総称でもある。

ビペンニス:諸元
項目 内容
名称 ビペンニス
羅:bipennis(ビペンニス)
分類 打撃/斧
全長 50〜70cm
重量 800〜1200g
時代 紀元前7〜紀元前2世紀
地域 イタリア
文化圏 古代ローマ

更新日:2004/08/06

図版ファイル

関連情報

打撃 > 斧

サイト情報