武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase打撃

クレセント・アックス crescent axe

crescentaxe

クレセント・アックスは、 木の柄に刃渡り60〜80cmある巨大な三日月状の斧刃が取り付けられた戦斧である。 それ故に、三日月斧すなわちクレセント・アックスと呼ばれている。

14世紀頃のイタリア群雄割拠時代に作られ、当初はイタリア兵士、やがて傭兵達にも用いられた。 その中でもドイツ傭兵はそれを持ち帰り、様々な武器に応用させた。

クレセント・アックス:諸元
項目 内容
名称 クレセント・アックス
crescent axe(クレセント・アックス)
分類 打撃/斧
全長 1.2〜1.5m
重量 2.5〜4kg
時代 14〜15世紀
地域 西欧(イタリア、ドイツ)
文化圏 中世ヨーロッパ

更新日:2004/08/19

図版ファイル

関連情報

打撃 > 斧

サイト情報