武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase打撃

イプシロン・アックス epsilonaxe

epsilonaxe

イプシロン・アックスは、ギリシア文字の εに似た形状の斧刃を備えている。 イプシロン状の形状である事から、 今日に至ってイプシロン・アックスと呼ばれるようになったのである。 このような形状は、スカラップ状の斧刃とも言う。

こうした斧刃を柄に取り付けるには、まず、木の柄に溝を彫る。 そこへこの斧刃をはめ込む。そして刃の穴にひもを通して固定する。 また、ピンのような金属棒を用いる方法もあり、この場合は柄の側面から 斧刃を突き通す。因みに図版画像では後者の形状を採った。

イプシロン・アックス:諸元
項目 内容
名称 イプシロン・アックス
epsilonaxe(イプシロン・アックス)
分類 打撃/斧
全長 700〜100cm
重量 1.5〜1.8kg
時代 紀元前20〜紀元前15世紀
地域 中近東
文化圏 古代エジプト

更新日:2004/11/13

図版ファイル

関連情報

打撃 > 斧

サイト情報