武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase打撃棍棒

棍 gùn

gun

とは、何の変哲もないただの棒である。 堅い木を丸く削って作られた棒状の打撃武器で、様々な長さがあり、中でも240cm程のものが最も多く使用された。 敵を打つという単純な用法で、またコストもかからない事から、広く、また古い時代から使用されてきた。 しかし、B.C.2世紀頃には主要武器としてではなく、権威の象徴となる錫杖として残るようになる。 時代が変わって、宋代、兵士は重装備化し、打撃武器が再び注目を集めるようになった。 そのような時には、戦場で再び使用される事もあった。

棍:諸元
項目 内容
名称
  • 中:棍(gùn、グン:棒、棍棒)
  • 中:棍棒(gùnbàng、グンバン:武術用の棒の総称)
  • 中:棍子(gùnzi、グンジー:棒、杖)
  • 漢:棍(こん)
分類 打撃/棍棒
全長 1.1〜3m
重量 700〜2000g
時代 紀元前3000年〜現代
地域 中国
文化圏 中国

更新日:2004/02/23

図版ファイル

関連情報

打撃 > 棍棒・合成棍棒

サイト情報