武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase打撃棍棒

スパイクド・クラブ spiked clubs

spikedclubs

スパイクド・クラブは、先端部に何本もの刺が打ち込まれているのが特徴である。 人類がまだ言葉を持たなかった時代から棍棒は存在したが、 その棍棒に動物の骨等を取り付ければこのような武器と判別できるため、 用いられた時代を特定するのは困難である。 欧州においては、12世紀頃より、長い間武器として使用されてきた。

スパイクド・クラブ:諸元
項目 内容
名称 スパイクド・クラブ
spiked clubs(スパイクド・クラブ)
分類 打撃/棍棒・合成棍棒
全長 50〜80cm
重量 800〜1500g
時代 10〜16世紀
地域 欧州
文化圏 欧州

更新日:2004/02/05

図版ファイル

関連情報

打撃 > 棍棒・合成棍棒

サイト情報