武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase打撃多節棍

多节鞭 多節鞭 duōjiébiān

duojiebian

多節鞭は、多節棍に属する打撃武器で、多くの節から成っている。 長梢子や、 短梢子を はじめとする多節棍は2節が一般的であるが、 この多節鞭は7,9,13,24,28,36節などのバリエーションがある。 打撃力に関しては多節棍より劣るものの、逆によけ難い攻撃を繰り出す事が可能となった。 また先端には刃が付けられており突き刺す事も出来る。 中には、節と節を結ぶ鎖に分銅が付けられており、打撃力を強化したものもある。 一般的には一本だけを用いるが、両手に二本持つ事もある。

多節鞭:諸元
項目 内容
名称 多節鞭
  • 中:多节鞭duōjiébiān、デュオチエビアン)
  • 漢:多節鞭(たせつべん)
分類 打撃/多節棍
全長 1.8〜3m
重量 2〜5kg
時代 10〜19世紀
地域 中国
文化圏 中国

更新日:2004/07/26

図版ファイル

関連情報

打撃 > 多節棍

サイト情報