武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase打撃多節棍

ホースマンズ・フレイル horsemans flail

horsemansflail

ホースマンズフレイルはフレイルの一種であり、 長さが異なるだけで基本的には フットマンズ・フレイル との違いはない。 しかし、ホースマンの名が表す通り騎兵用となっており、短めに作られている。 また、お互いにを着けた騎士達が相手を打ちのめすために、金属製のものが多く見られた。

当時は メイス 等も広く使われたが、フレイルは継手と呼ばれる鎖によって 打撃力が圧倒的に高いためメイスに取って代わった。 しかし、火器が発達する頃には使われなくなっていく。

ホースマンズ・フレイル:諸元
項目 内容
名称 ホースマンズ・フレイル
horsemans flail(ホースマンズ・フレイル)
分類 打撃/多節棍
全長 30〜50cm
重量 1〜2kg
時代 12〜16世紀
地域 欧州
文化圏 欧州

更新日:2004/07/04

図版ファイル

関連情報

打撃 > 多節棍

サイト情報