武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase打撃鎚鉾

狼牙棒 lángyábàng

langyabang

狼牙棒とは、狼の牙を連想させる棒状の武器で、木や金属の錘に 鋭い刺が取り付けられている。 錘には、円柱状のものや楕円状のものがある。 長さも大小があり、1m程の短いものは重装騎兵、1.7〜1.9m程の長いものは歩兵が使用した。 西洋ではモルゲンステルンに相当し、用途もほぼ同一である。

狼牙棒の効果は、錘の重量による打撃と、狼牙による刺突である。 重装鎧を装備した兵士に対しても打撃によってダメージを与え、 また狼牙が複雑な傷を与える。

狼牙棒:諸元
項目 内容
名称 狼牙棒
  • 中:(lángyábàng、ランヤーバン)
  • 漢:(ろうがぼう)
分類 打撃/鎚鉾
全長 40〜190cm
重量 500〜3000g
時代 10〜13世紀
地域 中国
文化圏 中国

更新日:2008/09/17

図版ファイル

関連情報

打撃 > 鎚鉾

サイト情報