武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase長柄鉾槍

バトル・フック battle hook

battlehook

バトルフックは、長い柄に鈎爪が取り付けられた武器である。 用途は、相手を引っ掛ける為だけである。 しかし、戦場に現れた騎士や重装備の兵士達に対して、 単純且つ有効な攻撃を与える事が出来る。 当時軍隊では主流だった ハルバート とは異なり、高度な訓練を必要としない為、 農民や市民が中心の小さい未熟な軍隊などで多く使用された。

バトル・フック:諸元
項目 内容
名称 バトル・フック
battle hook(バトル・フック)
分類 長柄/鉾槍
全長 2〜2.5m
重量 2〜3kg
時代 12〜16世紀
地域 欧州
文化圏 欧州、農民、市民

更新日:2004/02/11

図版ファイル

関連情報

長柄 > 鉾槍

サイト情報