武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase長柄

フラメア framea

framea

フラメアとはシンプルな形状をした槍の一つである。 細く長く、そして左右対称の柳葉型になっている鋭い穂先が特徴である。

穂先の部分は、やや横幅が広く作られ、突き刺した際に傷口を広げる効果を持つと言われている。 引き抜く際にも、揺さ振り、肉片が飛び散るので傷口の治りも遅くなるのである。

フラメアはケルト人が古くより用いたのが原型とされている。 やがて時代は中世に入り、ゲルマン人やフランク人がその担い手となっていった。 この頃の槍は二種類に分類され、狩猟用として用いられたのがフラメア、 一方、捕鯨用がアンゴンである。 フラメアは剣よりも好まれ、騎兵や歩兵を問わず、白兵戦や投擲槍として用いられた。

フラメア:諸元
項目 内容
名称 フラメア
ゲルマン:framea(フラメア)
分類 長柄/槍
全長 1.8〜2.1m
重量 1.5〜2kg
時代 紀元前2〜紀元後8世紀
地域 欧州
文化圏 ケルト、ゲルマン、フランク、ノルマン

更新日:2005/03/09

図版ファイル

関連情報

長柄 > 槍

サイト情報