武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase長柄

フュスキーナ fuscina

fuscina

フュスキーナは、トライデントの一種で、農具を起源とする。 矛先は三本あり、命中率は高くなっている。

この武器は軍用として正式には使われず、剣闘士の武器として用いられた。 古代ローマには、コロッセウムと呼ばれた巨大な円形競技場があり、 ここでは剣闘士の戦い「ムネラ」や猛獣狩り「ヴエナテイオネス」が行われていた。 コロッセウムは、周囲527m、高さ48.5mという巨大な建築物であり5万人の観客を収容する事が出来た。 剣闘士「グラディエーター」達が使った武器の一つが、フュスキーナである。 戦いの見物は、ローマ市民の娯楽の一つでもあった。 この武器の使い方は、右手にフュスキーナ、左手に網を持ち、 漁師が魚を捕らえるが如く、敵を捕らえて突き刺すのである。 戦いに敗れた剣闘士は運命を観客に委ねられる。 もしも勇敢に戦ったならば、観客は右手の親指を立てる。 それは許すという事なのだ。 もしも、親指が下を向いたならば、それは「斬れ」という意味を成す。 300年以上に渡るこの娯楽で命を落とした剣闘士は2000人、獣は5000頭を超えると言われている。

フュスキーナ:諸元
項目 内容
名称 フュスキーナ
fuscina(フュスキーナ)
分類 長柄/槍
全長 1.2〜1.8m
重量 1.5〜2.1kg
時代 紀元前2〜紀元後2世紀
地域 イタリア
文化圏 古代ローマ

更新日:2004/08/05

図版ファイル

関連情報

長柄 > 槍

サイト情報