武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase防具

チェイン・メイル chain mail armour

chainmailarmour

チェイン・メイルとは、鐶を鋲留めした鎖編みによって作られる鎧 の総称であり、様々な種類が存在する。 鐶を鎖状に繋げ、それをなめした獣皮に縫い付ける事によって作られる。 大変な手間がかかるが作りは単純であり、古代から広く使用された。 鐶の材質として古代には青銅、中世以降は鉄が使用された。

チェイン・メイルは柔軟であり着用は容易である。 但し重量がある為、実際の着用はその重量を利用した。 着る時は頭から被ってずり落とし、脱ぐ時は体を屈めてずり落とすのである。

チェイン・メイルは古代ケルト人によって作られたと考えられており、 紀元前2世紀頃には古代ローマを始めとする地中海全域で使用されるようになった。 中世ヨーロッパの時代には丈長のホウバーグ が登場し、騎士世界の標準装備となる。 チェイン・メイルは斬撃に強いという利点がある一方で、 打撃や刺突に対しては盾で守る位しか為す術がなかった。 メイル・ブレーカー の様な刺突専用の短剣があった程である。 欧州では15世紀頃、全身を覆う鎧が普及するとチェイン・メイルは廃れていった。 チェイン・メイルも併用される事もあったが、やがて到来する 火器の時代には無力に等しかったと言っていい。

チェイン・メイル:諸元
項目 内容
名称 チェイン・メイル
  • 英:chain mail armour(チェイン・メイル・アーマー)
  • 米:chain mail armor
  • 仏:haubert(オベール)
  • 独:Panzerhemd(パンツェルヘムト)
  • 伊:giaco(ジャーコ)
  • 西:loriga(ロリーガ)
  • カタルーニャ:lloriga(リョリーガ)
  • 日:鎖帷子(くさりかたびら)
分類 防具/鎧
全長 30〜60cm
重量 6〜14kg
時代 紀元前6〜紀元後18世紀
地域 全世界
文化圏 全文化圏

更新日:2008/12/28

図版ファイル

関連情報

防具 > 鎧

サイト情報