武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase防具

ホウバーグ hauberk

hauberk

ホウバーグとは、鎖帷子の一種であり、 丈長のものを指す。半袖タイプ、長袖タイプ、手袋まで一体のもの、 鎖頭巾まで一体になったもの、と様々なバリエーションがある。

ホウバーグはノルウェー人が使用した事に始まり、やがて 中世ヨーロッパにおける騎士達の標準的な装備となった。 共に装備された兜は、13世紀頃までは ノルマン・ヘルム、 13世紀頃以降はグレイト・ヘルムが使用された。 ホウバーグは当初は服の一番上に着たが、やがて更にその上に 布製のサーコートを着用するようになる。 これは金属の鎧がむき出しでは、太陽の光が反射して目立ってしまう為である。

鎖帷子は騎士の象徴であり、兵士の着用は許されなかった。 騎士以外にはやや身分の低い領臣が装備した程度であった。

ホウバーグ:諸元
項目 内容
名称 ホウバーグ
  • 英:hauberk(ホウバーグ)
  • 仏:haubergeon(オベルジョン)
  • 独:Panzerhemd(パンツェルヘムト)
  • 西:ausberg(アウベルグ)
  • 日:鎖帷子(くさりかたびら)
分類 防具/鎧
全長 80〜150cm
重量 9〜14kg
時代 8〜18世紀
地域 欧州
文化圏 欧州、騎士

更新日:2008/12/29

図版ファイル

関連情報

防具 > 鎧

サイト情報