武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase防具

カエトラ caetra

caetra

カエトラとは軽い小型の革盾である。 円形のスペイン式の盾であり、木材や革等で作られ、表面は塗装された。 中央部は盛り上がり、盾心には金属が取り付けられている。 その金属は半球状に盛り上がり、空洞となった裏側は拳が入り、 握る為の金属も取り付けられており、それを握り手としてある。

カエトラを用いたのは、カルタゴ統治下のイベリア半島におけるスペイン部隊である。 重装歩兵はスクトゥムのような盾を用いたが、このカエトラを用いたのは軽装歩兵である。 彼ら軽装歩兵の剣士達はファルカタ とカエトラを使いこなし、一対一ならばローマ兵よりも強かったと言われている。 その為、軽装歩兵であるが故に特に防具はなかったが、 重装歩兵部隊に交じって敵と戦う事もあった。

カエトラ:諸元
項目 内容
名称 カエトラ
  • 羅:caetra(カエトラ)
  • 羅:cetra(ケトラ)
分類 防具/盾
全長 20〜40cm
重量 300〜800g
時代 紀元前3〜紀元前1世紀
地域 北アフリカ、スペイン
文化圏 カルタゴ、スペイン

更新日:2005/03/07

図版ファイル

関連情報

防具 > 盾

サイト情報