武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase刀剣短剣・短刀

バーゼラルド baselard

baselard

バーゼラルドは、 ローマ数字の1を思わせる鍔と握りと柄頭を備えた短剣である。 先細で両刃のものが大半を占めているが、欧州で広く使われたため、 地域によって多少独特な形状を持つものもあった。 図版画像は、鍔と柄頭が互いに反発して湾曲している一般的なものだが、 イタリアで使用されたものは平行になっていた。

刺突などの攻撃に用いられた他、戦場の戦士が食事をする際にも用いられた。 刃厚は薄く切れ味も良かった為、工具としても利用できる万能な武器である。 バーゼラルドの起源は、スイス北西部 バーゼル-シュタット準州の州都 バーゼルと言われている。 また、 ショート・ソード の一種としても知られており、そうしたバーゼラルドは ストータ式と呼ばれていた。

バーゼラルド:諸元
項目 内容
名称 バーゼラルド
  • 独:Baselard(バゼラード)
  • 仏:basilard(バジラール)
  • 英:basilard(ベイスラード)
分類 刀剣/短剣・短刀
全長 30〜50cm
重量 400〜600g
時代 13〜15世紀
地域 欧州
文化圏 欧州

更新日:2004/10/20

図版ファイル

関連情報

刀剣 > 短剣・短刀

サイト情報