武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase刀剣短剣・短刀

パラゾニウム parazonium

parazonium

パラゾニウムは、剣身が三角形に近い形をしており、 根元の部分はかなり幅広く、8cm程あった。 当時、歩兵が装備していた短剣は、剣を短くしたものが 多かった為、パラゾニウムは少々変わっていると言える。

パラゾニウムはイベリア式短剣の純粋なもので、 やがてローマ軍にも採用された。

パラゾニウム:諸元
項目 内容
名称 パラゾニウム
parazonium(パラゾニウム)
分類 刀剣/短剣・短刀
全長 25〜55cm
重量 200〜600g
時代 紀元前3〜紀元前1世紀
地域 北アフリカ、スペイン、イタリア
文化圏 カルタゴ、古代ローマ

更新日:2005/02/17

図版ファイル

関連情報

刀剣 > 短剣・短刀

サイト情報