武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase刀剣剣・刀

フルーレ fleuret

fleuret

フルーレは細い剣身を備えており、主に刺突用の武器であり、 今日でいうフェンシングの競技に使用される刀剣である。

当時、騎士達の、数々の義務付けられた教養の中の一つとして、剣術があるが、怪我はつきものであった。 そこで、練習用に、切先を丸め、切刃を落とした剣が1750年頃に登場する。 フルーレそのものの登場は1630年代頃だが、 これによって危険を覚悟する必要はなくなり、 そのための刀剣として広まった。

フルーレ:諸元
項目 内容
名称 フルーレ
fleuret(フルーレ)
分類 刀剣/剣・刀
全長 100〜110cm
重量 300〜500g
時代 16〜現代
地域 西欧、全世界
文化圏 騎士、競技、スポーツ

更新日:2004/02/16

図版ファイル

関連情報

刀剣 > 剣・刀

サイト情報