武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase刀剣剣・刀

ハンガー hanger

hanger

ハンガーとは片刃の刀剣であり、狩猟に用いられた。 刃先は鋭く、両刃になっている。 刀身には紋章が彫られる事もある。 この頃の刀剣はレイピアのように護拳が付いている事が多いが、 殆ど付いていないハンガーも存在した。 鍔は真鍮で出来ており、反り返った十字型をしている。 また、図版画像のように王冠風の装飾が付いている事もある。

ハンガーは広い身幅を有しており、耐久性は高い。 用途は断ち切る事であるが、刃先は疑似刃と呼ばれる両刃になっており、 刺突にも使用可能である。

ハンガーという言葉は、アラビア語のkhanjarに起源を持つ。 これはナイフという意味を持っている。 因みにrapier剣吊袋hangerという名称である。 ハンガーは主に狩猟用であるが、日常的、軍用にも用いられた。

ハンガー:諸元
項目 内容
名称 ハンガー
hanger(ハンガー)
分類 刀剣/剣・刀
全長 50〜70cm
重量 1.2〜1.5kg
時代 16〜19世紀
地域 西欧
文化圏 西欧、狩猟

更新日:2008/10/08

図版ファイル

関連情報

刀剣 > 剣・刀

サイト情報