武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase刀剣剣・刀

コピシュ kopsh

kopsh

コピシュは、小振りな片刃の武器である。 刃先はC字のように湾曲しており、柄は木でできていた。

コピシュは乱戦によく用いられ、打撃力もある刀剣であった。 これにより、古代エジプトの兵士達は、片手にコピシュもう片方には楯を携えて 敵と接近戦で向き合う戦い方を得意とした。 また、鎌剣を意味する sickle sword と呼ばれる事もあった。

コピシュ:諸元
項目 内容
名称 コピシュ
  • kopsh(コピシュ)
  • 英:sickle sword(シックル・ソード)
分類 刀剣/剣・刀
全長 40〜60cm
重量 800〜1200g
時代 紀元前2000年〜紀元前10世紀
地域 エジプト
文化圏 エジプト

更新日:2005/02/25

図版ファイル

関連情報

刀剣 > 剣・刀

サイト情報