武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase刀剣剣・刀

黒作大刀 kurodzukurinotachi

kurodzukurinotachi

黒作大刀は、金具の材質が銅もしくは鉄であり、握りには糸,紐,革等を巻き付けられている。 そして木で作った鞘には黒漆が塗られている。 このように全体的な色の割合が黒で占められている為、 黒作大刀と呼ばれ、また黒漆の大刀とも言う。

当時、豪華な装飾が施された高級品は実戦では使われなくなり、 代わりとして質素で実用的な要素を備えた黒作大刀が主要武器として 用いられるようになった。 壬申の乱においても、この黒作大刀が用いられた記録がある。

黒作大刀:諸元
項目 内容
名称 黒作大刀
  • 黒作大刀(くろづくりのたち、こくさくたち、kurodzukurinotachi)
  • 黒漆太刀(くろうるしのたち、こくしつたち、kurourushinotachi)
分類 刀剣/剣・刀
全長 70〜80cm
重量 700〜800g
時代 7世紀〜8世紀
地域 日本
文化圏 日本

更新日:2005/03/19

図版ファイル

関連情報

刀剣 > 剣・刀

サイト情報