武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase刀剣剣・刀

ショート・ソード short sword

shortsword

ショート・ソードは、その名の通り短い剣という意味でロング・ソード より短く作られている。 切り先が鋭く、先端にいくに従って幅が狭くなっていくのが特徴である。 乱戦や刺突などを考慮し、丈夫に作られている。

英仏の百年戦争(1339〜1453)では、重装歩兵“men at arms”と呼ばれる下級騎士が 下馬して敵を迎え打つという英軍の戦法があった。 この時使用したのがショートソードであり、この戦術は効果を上げた。 それがきっかけとなり、ショート・ソードは広まるようになる。 似たような武器としてロングソードがあるが、これは長さによって区別されている。 明確な基準は無いが、大体80cm辺りを境にショートソードとロングソードに区分けしている。

ショート・ソード:諸元
項目 内容
名称 ショート・ソード
short sword(ショート・ソード)
分類 刀剣/剣・刀
全長 70〜80cm
重量 800〜1800g
時代 13〜16世紀
地域 西欧
文化圏 中世ヨーロッパ

更新日:2004/02/27

図版ファイル

関連情報

刀剣 > 剣・刀

サイト情報