武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase刀剣剣・刀

スモール・ソード small sword

smallsword

スモール・ソードは、軽く細身の刀剣である。 直訳すると小剣となる。 剣身の断面はひし形である事が多いが、この小剣の場合には V字型である事の方が普通であった(図版の中から3DCGファイルを 表示させれば、それが分かるかもしれない)。 この形状のものは軽くしかも丈夫で、刺突力もあった。 スモール・ソードはレイピア を小型にしたもので、種類も様々である。

当時、紳士達は日常的に剣を装備している事が普通で、 スモール・ソードはそうした装身具として流行した。 やがて派手な装飾が施されるようになり、金や銀、宝石等を埋め込んだもの、 ホーローや、めっきを施したもの、幻想動物や幾何学模様を描いたもの等、 色々なものが登場した。 また、単なるファッションとしてでなく、フェンシングや決闘の際にも 用いられ、現代でも儀礼用として残っている。

スモール・ソード:諸元
項目 内容
名称 スモール・ソード
small sword(スモール・ソード)
分類 刀剣/剣・刀
全長 60〜70cm
重量 500〜700g
時代 17〜20世紀
地域 西欧
文化圏 西欧、スポーツ、紳士、騎士道

更新日:2005/09/04

図版ファイル

関連情報

刀剣 > 剣・刀

サイト情報