武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase刀剣剣・刀

スパタ spata

spata

スパタは、馬上で片手で扱う為、直身で細身かつ軽量になっている。 構造はグラディウスと ほぼ同じだが、それよりも長めになっている。 グラディウス同様、ローマ正規軍騎兵隊が用いた剣である。

語源はギリシャ語で、“つぼみ”や“包葉”を意味する。 このスパタ(“spatha”、“spata”)が後に、イタリア語で剣を意味する 「スパーダ」“spada”の語源になったと思われる。

スパタ:諸元
項目 内容
名称 スパタ
羅:spata(スパタ)
分類 刀剣/剣・刀
全長 60〜70cm
重量 900〜1000g
時代 紀元前7〜紀元後4世紀
地域 イタリア
文化圏 古代ローマ

更新日:2003/12/25

図版ファイル

関連情報

刀剣 > 剣・刀

サイト情報