武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase刀剣剣・刀

ヴィーキング・ソード viking sword

vikingsword

ヴィーキング・ソードは、切断が目的の刀剣である。 剣身の模様は蛇に似た表面処理が施されており、 神秘的且つ魔力を備えたように見える。 鋼がまだない時代であり、金属硬化により強度を持たせものの、 戦闘中には刃は曲がる事もあった。

ヴィーキングソードは、北欧を中心に欧州に広まった。 ヴィーキング、バイキングとも言われるが、 正しい発音は「ヴィーキング」である。

ヴィーキングソード:諸元
項目 内容
名称 ヴィーキング・ソード
viking sword(ヴィーキング・ソード、バイキング・ソード)
分類 刀剣/剣・刀
全長 60〜80cm
重量 1.2〜1.5kg
時代 5〜12世紀
地域 北欧、西欧
文化圏 中世ヨーロッパ、海賊

更新日:2003/04/06

図版ファイル

関連情報

刀剣 > 剣・刀

サイト情報