武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase投擲手裏剣

チャクラム chakram

chakram

チャクラムは、金属の輪のような武器で、2〜4cm程の身幅で外側は全て切刃になっているのが特徴である。 回転しながら飛翔して、30〜50m程離れた敵を攻撃する事が可能である。 印北部のシーク教徒が用いた。

使用方法としての伝承は無いが、二つの方法が考えられている。 一つは、内側の輪に人差し指を入れ、回転させ勢いをつけて投擲する方法、 もう一つはフリスビーのように投げる方法である。

チャクラム:諸元
項目 内容
名称 チャクラム
シーク語:chakram(チャクラム)
分類 投擲/飛翔
全長 10〜30cm
重量 150〜500g
射程距離 30〜50m
時代 15〜19世紀
地域 インド
文化圏 インド、シーク教徒

更新日:2004/02/29

図版ファイル

投擲 > 手裏剣

サイト情報