武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase投擲飛翔

トマホーク tomahawk

tomahawk

トマホークは、細く短い柄に小振りな斧頭が取り付けられた、手斧とも言える武器である。

今日、我々はインディアンの武器として認知する事が多いようだが、 西洋人は西部開拓時代に米先住民族の手斧に出会い、 boardig axeと呼び日常工具として用いた。 アメリカから輸入するだけでなく、ヨーロッパにおいても生産され、輸出されたものもある。 また、19世紀後半に英軍は正式装備としてトマホークを採用した事もある。

西洋人にも欠かせない武器となっていたトマホークは元々、米先住民族の武器であり、 彼らの言語で切るための道具を意味するtamahakanを語源としている。 日常工具や戦闘にも用いられ、熟練者なら投擲する事も出来た。 また、パイプとしての機能もある。ネイティブ・アメリカン達は、 パイプを使って煙草を吸う習慣があるからだ。 また、彼らの使うトマホークの木の柄には、まじないの文様が描かれる事もあった。

トマホーク:諸元
項目 内容
名称 トマホーク
英:tomahawk(トマホーク)
分類 投擲/飛翔
全長 40〜50cm
重量 1.5〜1.8kg
射程距離 5〜20m
時代 17〜20世紀
地域 欧米
文化圏 米先住民、欧州、工具

更新日:2004/09/04

図版ファイル

関連情報

投擲 > 飛翔

サイト情報