武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase投擲投槍

アキュリス aclys

aclys

アキュリスは、 細長い穂先を持ち、敵を確実に仕留められるよう工夫されている。 アキュリスはラテン語で小さな投槍を意味し、 ギリシャ語ではAgkulisと言う。

アキュリスを使用していたのは、ラテン人である。 やがて、ローマ人は国家の領域を広げ、エトルリア人やラテン人から武器を吸収していった。 そして時代の流れとともにアキュリスの形は変わっていき、やがて全ての投槍がこの名で呼ばれるようになった。

アキュリス:諸元
項目 内容
名称 アキュリス
  • 羅:aclys(アキュリス)
  • 希:agkulis(アグクリス)
分類 投擲/投槍
全長 1.2〜2m
重量 500〜1500g
射程距離 50〜150m
時代 紀元前5〜紀元後2世紀
地域 イタリア
文化圏 ラテン人、古代ローマ

更新日:2003/08/09

図版ファイル

関連情報

投擲 > 投槍

サイト情報