武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase投擲投槍

アンゴン angon

angon

アンゴンは、一般的な投槍より長く重く作られており、穂先は細身で、先端には鈎矢尻が付いている。 この為、なかなか引き抜けないようになっている。

アンゴンを用いたのは、古代ローマ帝国時代後期の、 ゲルマン民族大移動の際に侵入したフランク族である。 フランク族の戦士は、接近戦でアンゴンを投げ、敵の楯に突き刺した。 敵が、その重さによって盾を保持出来ないようにし、盾を下ろした敵を攻撃したのである。

アンゴン:諸元
項目 内容
名称 アンゴン
羅/ゲルマン:angon(アンゴン)
分類 投擲/投槍
全長 1.5〜2.1m
重量 1〜1.8kg
射程距離 5〜20m
時代 3〜7世紀
地域 西欧
文化圏 フランク人、ノルマン人

更新日:2004/03/06

図版ファイル

関連情報

投擲 > 投槍

サイト情報