武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase投擲投槍

ピラ pila

pila

ピラは、柄にソケット状の長い穂先を取り付けた、細身の投槍である。 ピラは重要な先制攻撃の武器であり、古代ローマの戦闘では、 ピルム とペアで用いる。 一般的に、その二本を一本ずつ持ち、まずピラを投げて敵を怯ませた後、ピルムを投げる。 このピルムは比較的重量がある為、盾を構えてもそれに刺さり、重みで楯を思うように扱えなくさせてしまう。 そして、剣によって白兵戦を仕掛けるのである。

ピラ:諸元
項目 内容
名称 ピラ
pila(ピラ)
分類 投擲/投槍
全長 1〜1.2m
重量 800〜1200g
射程距離 20〜30m
時代 紀元前4〜紀元後1世紀
地域 イタリア
文化圏 古代ローマ

更新日:2004/02/26

図版ファイル

関連情報

投擲 > 投槍

サイト情報