武器図書館

歴史上の武器や兵器を3DCGで紹介

topdatabase投擲投石器

投弾帯 toudantai

toudantai

投弾帯とは、日本の投石器であり、基本的な構造はスリングと同様である。 投弾帯は、植物の繊維等からできた一本の紐から作られており、 中央部分の幅は広く編んである。 これは投弾を保持する為である。 また、片方の端は、輪になっている事もある。

投弾は、投弾帯を使用して投げる物体の事で、石弾や土弾がある。 石弾は単なる石で、自然の石をそのまま、或いは加工して用いる。 土弾は粘土を固めて焼いたもので、中に砂鉄を含める事もある。

投擲を行うには、まず投弾をはさんで、保持する。 紐の端の輪を小指にかけ、もう一方は手全体で握る。 自分の側から見て時計回りに、勢いよく回転させ、一方の紐を放す。 目標に命中させるには訓練を要するが、命中すれば確実に相手を負傷させる事が出来るであろう。

投弾帯は弥生時代の頃から使われ始めた。 しかし他の地域と比較し、日本ではあまり広く普及しなかった。

投弾帯:諸元
項目 内容
名称 投弾帯
投弾帯(とうだんたい、toudantai)
分類 投擲/投石器
全長 1〜1.3m
重量 50g
射程距離 50〜60m
時代 紀元前後〜17世紀
地域 日本
文化圏 日本

更新日:2008/07/31

図版ファイル

関連情報

投擲 > 投石器

サイト情報